無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | -
←prev entry Top next entry→
仙台杜の女声合唱団 6th コンサート 〜なかにしあかね作品展〜
仙台杜の女声合唱団の6th コンサートが無事終演いたしました
やりきれないおもいが多かったこれまでの杜女から、思い切りステップアップできた気がします!
なかにしあかね先生の委嘱曲「時を友として」も無事披露することができました
時をテーマに、花々の生き死にを人のそれに重ねた星野富弘さんの詩と
なかにしあかね先生が紡ぎ出した美しく、強く、面白くて豊か(で歌い上げるために苦労が絶えない)なメロディ
そこに杜女という楽器が加わって、必死にもがきながらも、産み落とすことができました

辻裕久先生の独唱ステージは、繊細で感動的でした
たくさんの人がそれぞれに想い描く歌の姿に涙して、会場も色づいていました

これまでご指導くださった指揮者の早川先生、ピアニストの野田先生
合唱団を支えてくださったたくさんの皆様に感謝をこめて

これからも時を友として、歌い続けたいと思います
| じょすかんでぷれ | うた | comments(0)
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | -
Comment
name:
email:
url:
comments: