無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | -
ユニコーン2014ツアー イーガジャケジョロ 仙台サンプラザ公演
お誘いいただいて、仙台サンプラザ公演に参戦

初めてユニコーンのライブに〜
こてこてロックのライブで、紳士淑女もノリノリでした
ご一緒したご婦人も、終始笑顔ではしゃいでいました
かくいう私も、ノリノリでした

寸劇もあおりも弾き語りもあって、CDの内容がぎゅっとつまったライブ
鳴り響くギターが特に重厚で、5人バンドのおいしさがたっぷり味わえ
年期と貫禄で安定の音楽を安心して聴けるのって幸せでした

前回は震災の年で、急遽 Zepp Sendai(取り壊し前)での開催だったようです
なるほど、久しぶりのサンプラザだったのですね
| じょすかんでぷれ | おんがく | comments(2)
スガシカオライブツアー やるしかねーだろ!? 2013
スガシカオ仙台ライブに参戦!
ライブは2008年のバンドツアーからご無沙汰でした。ひとりシュガーもゆけなかった。

久々のバンドでのライブ、ギターサポートにJUONが参加し、ファンキーでロッキーなバンドサウンドでした。
上手よりより最前列だったこともあり、ギターJUONがイケメンだったこともあり、ギターがロックでファンクで最高に格好よかったこともあり、視線はJUONにぐぎづけでした。かっこよかった~

モッシュの渦を間近で見ることができたのですが、スガシカオが人の手に食われんばかりに飲み込まれていく様は、なんとも言えない恐ろしさでした(一瞬われにかえった)
相変わらずの弾むMC、来年には新境地に進む決意、ラストナンバーで感動の嵐
あー、楽しかった、夢のようなひとときでした。
スガシカオさいこうー
| じょすかんでぷれ | おんがく | comments(0)
スガシカオ考
私はスガシカオが大好き
始まりはラジオから流れた彼のトークだった
片寄った音楽嗜好と
マニアックで情熱的かつ情緒的
(あー とか うわー とか すっっごい とかいう)な解説が
とても心揺さぶるものだった
どっぷりと重いファンクを携えて
万人受けしないコアな音楽で純粋に勝負していたと思う

ちょうど3枚目のアルバムが発売されて近い頃で
彼の最初の絶頂期だったのだろう
それから4枚目のアルバムがでてしばらくするまで
長いスランプが襲った頃も
ラジオはずっと続いていた
リスナーからのファックスを
悪態つきながら破り捨てたりとか
かなりファンキーな一面もあった

そんなダメ人間ぷりを惜しみ無くリスナーにさらしながら
熱く音楽を奏でるスガシカオはとても素晴らしくかっこよかった

いま彼は、事務所を独立して
あらゆることを一人で行っている
いろいろな意見はあるけれど
音楽に真摯に向き合う姿勢を
こんな形でしかあらわせないという彼の不器用さに
とても熱くなるものを感じた

30歳で、若くないデビューをし
40歳を過ぎて、メジャーから独立しインディーズにもどる

自分はいま30歳に近づこうとしている
不思議かな、今こときに、新しい流れに、自分を試されている
世の中に対して自分が何をできるか
常に思い続け大切にしていることは
過保護にも、なげやりにもしてはいけない
チャンスは、逃さなければ訪れる
それを活かすのは、自分自身だ
| じょすかんでぷれ | おんがく | comments(0)
東京事変アルバム

大発見

久しぶりにPOPミュージックCDを買い求めた
久々に登場 東京事変
プレビューでみた新しい文明開化が格好良かったので
東京事変のロック色の濃い、かっこいいサウンドに、椎名林檎のきんとした声がよくマッチしていると思う

なつかしい
修論の押し迫ったときにヘビーに聞いていたっけなぁ
懐かしい
| じょすかんでぷれ | おんがく | comments(0)
復活

奇跡のニューヨーク・ライヴ

小澤征爾の復活ライブ録音
小澤征爾の音楽には、はっと耳を奪う魅力がある
今回のライブ録音では、最初の1音から、聴衆を惹きつけて離さない
元気をなくしそうになる今に
よいエネルギーをもらった感じ
| じょすかんでぷれ | おんがく | comments(0)